クラウドIVR(音声自動応答)サービス



問い合わせ振り分け

問い合わせ振り分け

大量の問い合わせを事前に振り分け、オペレータの業務効率アップ
24時間対応で顧客満足度も向上

業種:チケット販売会社

導入メリット
業務効率改善/24時間365日対応/短期間での導入開始/顧客満足度向上
クラウド IVR (音声自動応答)サービス 問い合わせ振り分けイメージ

Vポータルダイレクト導入の背景

1日平均1万件、突発的に5万件にもなるという膨大な問い合わせを受けているこのチケット販売会社のコールセンターでは、オペレータでは対応しきれない状況が頻発していた。電話がつながらないことや待たされることによる顧客からの不満の声もあり、緊急に対策を打つ必要があった。

業務効率と顧客満足度が向上

Vポータルダイレクトの導入で、顧客の問い合わせを質問の内容によって、事前に振り分けることが可能となった。よくある問い合わせは自動音声ガイダンスが対応することで、オペレータの業務負荷が軽減され、オペレータを必要とする質問に対する対応がよりきめ細かにできるようになったという。また、24時間対応が可能となったことで、顧客の利便性が高まり、顧客満足度の向上につながった。
さらに、無償で提供されている音声編集ツール「Vポータルエディタ」で音声ガイダンスの更新をスタッフで簡単にできる。そのため専門業者へ依頼する必要がなく、ランニングコストを抑えながら運営できているそうだ。

導入決定のポイント

すぐに導入できる
切迫した状況を早期に改善するためにも、クラウド IVRサービスで短期間での導入開始が可能なVポータルダイレクトが採用された。
音声ガイダンスの更新が簡単
無償の音声編集ツール「Vポータルエディタ」を使って簡単に音声ガイダンスの更新が可能なため、専門業者への依頼が不要で、ランニングコストを抑えながら運営できる。

Vポータルダイレクト導入の効果

業務効率改善
よくある問い合わせには自動音声ガイダンスが対応することで、回線混雑を回避でき、さらにはオペレータの業務負荷が軽減され、より質の高い対応が可能になった。
顧客満足度向上
10時から20時までだった問い合わせ対応時間帯を、24時間対応にすることで、顧客がいつでも問い合わせができ、顧客満足度が向上した。
費用
初期費用 約46万円〜
月額利用料金 約30万円〜
クラウド IVRサービスの「問い合わせ振り分け」に関連する基本機能
音声自動応答機能
音声ルーティング機能
タイマー機能
ガイダンス生成機能(音声合成機能)
外線転送機能(VAD)
Vポータルエディタ(VPE)
クラウド IVRサービスの「問い合わせ振り分け」に関連するオプションサービス
高精度音声認識/高品質音声合成
クラウド IVRサービスを利用した「問い合わせ振り分け」に関連した事例
キャンペーン事務局に利用  アサヒ飲料株式会社 様
資料請求に利用  株式会社結婚情報センター 様
FAX取り出しダイヤルを資料請求に利用  株式会社パンダネット 様
コールセンターとして利用  株式会社ローソンチケット 様
イベントの問い合わせ事務局に利用  コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社 様
申込み受付に利用  学校法人河合塾 様
キャンペーン事務局に利用  キリンビバレッジ株式会社 様
キャンペーン事務局と当選確認に利用  株式会社リンクス 様
クラウド IVRサービスを利用した「個人認証システム」に関連したパッケージ
音声情報パッケージ