クラウドIVR(音声自動応答)サービス




はクラウド IVRサービスVポータルダイレクトのパートナー企業です。

パンフレットダウンロードページへ

懸賞応募に利用したケース

株式会社日本経済新聞社様

デジタルデバイドを考慮した応募方法を採用する
インターネットに馴染みがない世代でも手軽に応募できる仕組みを

クラウド IVR (音声自動応答)サービス 日経 130周年企画囲碁王座戦懸賞詰碁ダイヤル概要
ネットに馴染みのない世代を懸賞クイズに参加させる

日本経済新聞社では創刊130周年記念の特別イベントに、詰碁作りの名手、張栩王座が作成した詰碁10問を、本紙夕刊とWebサイト「e-碁サロン」に掲載し、読者からの回答を募集するというキャンペーンを実施した。今回、この懸賞詰碁クイズを行ううえで、重要視されたことは、だれもが応募できるということだった。新聞の幅広い読者層を考えると、インターネットを使わなくてもクイズに参加できる応募環境が必要であり、その結果Vポータルダイレクトが採用された。

オペレータなしでクイズ応募に対応

Vポータルダイレクトは24時間対応の自動受付窓口を設置することができるため、クイズ参加者は、いつでも思ったときにすぐ応募することが可能だ。また24時間自動応答なので、オペレータ不要で人件費の削減も期待できる。Vポータルダイレクトは、導入決定から立ち上げまでが迅速であり、また利用は1ヵ月間から申し込めるので、キャンペーン期間中だけの利用が可能であることもコストパフォーマンスという点で評価できる。さらに応募者には音声ガイダンスにしたがい、応募情報を音声やプッシュボタンで入力してもらうため、囲碁に関心のある読者データを簡単に収集することができたこともVポータルダイレクト導入のメリットだ。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入前の課題

創刊130周年を迎えるにあたって、囲碁ファンにより影響力のある記念キャンペーンを行いたい。
インターネットを使わなくても、クイズに参加できる環境を整えること。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入決定のポイント

ハガキよりも手軽に応募できる。
低予算でだれもが応募しやすい「電話」という応募環境を準備できる。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入の効果

新聞の公共性を考慮して、だれもがすぐに応募しやすい方法がとれた。
応募者の属性データを簡単に収集できた。
クラウド IVRサービスを懸賞応募に利用した事例に関連する基本機能
音声自動応答機能
アクセス数確認サービス
CSV出力機能
FTP送信機能
クラウド IVRサービスを懸賞応募に利用した事例に関連するパッケージ
懸賞応募パッケージ