クラウドIVR(音声自動応答)サービス




はクラウド IVRサービスVポータルダイレクトのパートナー企業です。

パンフレットダウンロードページへ

資料請求に利用したケース

株式会社結婚情報センター様

電話の自動応答で24時間資料請求対応する
結婚に真剣な中高年層に、インターネットなしでも申し込みできる窓口を

クラウド IVR (音声自動応答)サービス NOZZE 資料請求ダイヤル概要
電話窓口の重要性

結婚情報サービス大手の結婚情報センター(NOZZE)では、サービス開始当初より、電話の自動応答を利用した資料請求受付窓口を提供していた。各種広告媒体からの反響が売り上げに直結するため、インターネットを常用しないユーザも含めた幅広い層からの反響を受け付ける窓口を用意することは絶対に必須であった。だが、ホームページに代表されるインターネット窓口の設置コストと比べ、従来の電話自動応答の設置コストはかなり高かった。インターネットに限定しない窓口の設置は必要とはいえ、コスト効率も考えなければならないというジレンマもあった。

ランニングコストの安さが決め手だった

そこで同社が採用したのが手軽に電話による自動応答を実現できるVポータルダイレクトだった。1ヵ月単位で利用が可能なこのサービスは期間が決まっているキャンペーンには最適だった。また、導入決定後からサービス開始までの期間が短いことも大きな魅力であったという。手軽に、短期間でも自動応答窓口を設置できる同サービスはこの種のキャンペーン実施の大きな味方といえるだろう。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入前の課題

同社のユーザの中にはインターネットを利用しない層もおり、その層に対する窓口をなくすわけにはいかなかった。
従来の電話自動応答システムは初期コストが大幅にかかるので、ランニングコストの良いシステムを見つける必要があった。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入決定のポイント

ランニングコストの安さ。
システムの信頼性。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入の効果

現在まで、大きなトラブルもなく運用できている。
自動応答システムは外部で保守してもらえるのでトラブルのリスクが減った。
クラウド IVRサービスをイベントの問合せ事務局に利用した事例に関連する基本機能
音声自動応答機能
アクセス数確認サービス
クラウド IVRサービスを資料請求に利用した事例に関連するパッケージ
資料請求受付パッケージ