クラウドIVR(音声自動応答)サービス




はクラウド IVRサービスVポータルダイレクトのパートナー企業です。

パンフレットダウンロードページへ

イベントの問合せ事務局に利用したケース

コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社様

短期間の問合せ専用自動応答窓口を設置する
氷川きよし新曲プロモーション用イベントの参加問合せ窓口を自動化

クラウド IVR (音声自動応答)サービス 氷川きよし新曲プロモーションイベント問い合わせダイヤル概要
電話窓口が必要不可欠だった

レコード業界の老舗であるコロムビアミュージックエンタテインメントでは、同社のトップアーティストの1人である氷川きよしの新曲「一剣」発売に伴うプロモーションイベントを行うことになっていた。ここで課題となったのがイベント参加の問合せ対応をどうするかということであった。ファン層が老若男女と幅広く、また今回のイベントが小学生向けであることから、メールなどのインターネットよりも電話窓口への問合せ殺到が予想された。最初に浮かぶのは人員対応であるが、対応時間帯も限られ、多くの人員を割けない状況ではつながりにくいことも考えられ、クレームにつながる可能性もあった。

短期間で利用できる自動応答システムを採用

そこで同社が採用したのが手軽に電話による自動応答を実現できるVポータルダイレクトだった。1ヵ月単位で利用が可能なこのサービスは期間が決まっているキャンペーンには最適だった。また、導入決定後からサービス開始までの期間が短いことも大きな魅力であったという。手軽に、短期間でも自動応答窓口を設置できる同サービスはこの種のキャンペーン実施の大きな味方といえるだろう。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入前の課題

氷川きよしのファンは老若男女と年齢層が幅広く、また今回小学生向けイベントであることから、だれでも問合せが簡単な電話による窓口を設ける必要があった。
人員による電話対応は負荷が高く、つながらないことによるクレームも考えられたので、代替の方法を考える必要があった。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入決定のポイント

1ヵ月単位という短期間での利用が可能。
導入コストの安さ。
導入決定からサービス開始までの早さ(=短期間での窓口開設)。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入の効果

24時間対応の問合せ窓口を設置することができた。
ファンからのクレームは発生しなかった。
問合せ専用の電話を設置することで、問合せが社内でたらいまわしになることを防いだ。
クラウド IVRサービスをイベントの問合せ事務局に利用した事例に関連する基本機能
音声自動応答機能
音声ルーティング機能
アクセス数確認サービス
クラウド IVRサービスをイベントの問合せ事務局に利用した事例に関連するパッケージ
音声情報パッケージ