クラウドIVR(音声自動応答)サービス




はクラウド IVRサービスVポータルダイレクトのパートナー企業です。

パンフレットダウンロードページへ

懸賞応募に利用したケース

株式会社ソフト99コーポレーション様

懸賞キャンペーンを誰もが応募しやすいものにする
誰もが利用しやすい電話の効果を狙って、クローズド懸賞の応募窓口として活用。

クラウド IVR (音声自動応答)サービス ソフト99「銀河鉄道999お宝プレゼントキャンペーン」概要
「電話で応募する」目新しさが、消費者マインドをくすぐるはず

クルマ用ワックスの製造販売で有名なソフト99コーポレーションでは、2004年に創業50周年にふさわしいキャンペーン企画を求めていた。そこで、SP エージェンシーである株式会社イデイにこの話をもちかけた結果、「銀河鉄道999グッズプレゼント」というクローズド懸賞キャンペーンを実施することとなった。これはソフト99コーポレーションという車名の99にちなんで、人気アニメ「銀河鉄道999」グッズ(時計、サイン入り色紙など)を商品の購入者に抽選でプレゼントするという企画だ。そしてプレゼントの応募窓口としてVポータルダイレクトを利用した。

「音を聞いてイメージを膨らませる」魅力に着目

応募の流れは、商品を購入した消費者が電話をかけると、銀河鉄道999のヒロインであるメーテルの声で物語がスタート。思わず期待を膨らませる導入に続いて、年齢・性別・購入商品に関するアンケートが4問、そして音声で名前とシリアルナンバー、電話番号を入力すると応募は完了。企業のキャンペーンということで簡単な入力方法と確実性、そして応募してもらえることを第一に考えたわかりやすい内容にしたという。Vポータルダイレクトは、キャンペーンを実施する企業側にはツールとしての新しさと可能性を感じさせ、消費者には音で聴いてイメージを膨らませるという古いようで実は新しい面白さを感じさせる、成功を導く可能性のあるツールといえる。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入前の課題

創業50周年を迎えるにあたり、それを記念すべき幅広いターゲットへの展開チャネルをもったキャンペーンであること。
オリジナリティがあり、かつ効果的なキャンペーンであること。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入決定のポイント

キャンペーンの応募層が幅広いこと。
年齢層が高くなるほどPCよりも電話のほうが利用しやすい傾向にあること。

クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入の効果

第一弾が好評にて終了し、第二弾も実施した。
音で聴いてイメージを膨らませる、古いようで 新しい面白さのあるキャンペーンとなった。
クラウド IVRサービスを懸賞応募に利用した事例に関連する基本機能
音声自動応答機能
音声録音機能
アクセス数確認サービス
クラウド IVRサービスを懸賞応募に利用した事例に関連するパッケージズ
懸賞応募パッケージ