クラウドIVR(音声自動応答)サービス



クラウド IVR (音声自動応答)サービス Q&AMENU

TOP  >  Q&A  >  用語集  


はクラウド IVRサービスVポータルダイレクトのパートナー企業です。

パンフレットダウンロードページへ

用語集

数字(0〜9)
24時間電話受付代行
営業時間外に問合せなどの電話があった際に、あらかじめ用意した内容を自動応答(IVR)で回答するシステム。
A〜E
API
APIとはApplication Program Interfaceの略。OSやWeb上のサービスの機能をアプリケーションから利用するために用意されている機能。クラウドIVR(音声自動応答)サービス Vポータルダイレクトにおいても、システム連携の際などに用いられている。
ASP
ASPとはApplication Service Providerの略。各種サービスをクライアントにブラウザから利用できる形で提供する事業者のこと。VポータルダイレクトはIVR(音声自動応答)のASPサービスのため、IVRの購入や導入企業さま自身での大量の電話回線の手配も不要で月額費用で利用できる。
BizFAX スマートキャスト
BizFAX スマートキャストとはNTTコミュニケーションズが提供する、電子メールとFAX間の双方向の通信を可能にしたネットワークサービス。Vポータルダイレクトでは、BizFAX スマートキャストと音声自動応答(IVR)の組み合わせでFAXBOXとして利用されているケースがある。
BOX管理
BOX管理とは、電話で音声を直接録音し、その音声をVポータルダイレクトで利用できる機能。
CRM
CRMとはCustomer Relationship Managementの略。詳細な顧客データベースを元に、商品の売買、問い合わせやクレームへの対応、保守サービスなど、個々の顧客とのやり取りを一貫して管理すること。
CSV
CSVとは、Comma Separated Valuesの略。表形式のデータのセルをカンマで区切ったテキストファイルの形式。
CS調査
CS調査とは、顧客満足度(Customer Satisfaction)調査のこと。さまざまな企業でマーケティング戦略として行っている調査のひとつ。Vポータルダイレクトでは、音声自動応答を活用してコールセンターのオペレータ対応などの顧客満足度調査ができる。
CS調査パッケージ
CS調査パッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービス Vポータルダイレクトを活用して顧客満足度調査(CS調査)などのアンケート調査ができる、音声コンテンツ制作を含めたパッケージのひとつ。データ取りまとめが簡単なので、調査・集計が効率的に行える。
F〜J
FAXBOX
FAXBOXとは電話をかけ、取り出したいFAX情報を指定することでFAXが取り出しできる仕組み。 クラウドIVRサービスVポータルダイレクトでは、音声自動応答とBizFAX スマートキャストサービスを組み合わせることでFAXBOXとして利用できる。
FAX誤送信防止
FAX誤送信防止とは、ヒューマンエラーによるFAX誤送信を防止する個人情報保護を目的としたシステム。 クラウドIVRサービスVポータルダイレクトでは、音声自動応答のガイダンスで送信先に間違いがないことを確認し、その後確認のプッシュ操作が行われることで初めて送信可能となるため、人的ミスによるFAX誤送信を防止できる。
FAX受信確認
FAX受信確認とは、FAXが到着しているかどうかを確認できるシステム。送付してもらうFAX用紙に読み取り可能なID(数字)を振っておくことで、受信側でIDを読み取り、電話をかけた際にそのIDのFAXが到着しているかどうか、無人対応で確認できるシステム。
FAX情報取り出しパッケージ
FAX情報取り出しパッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービス Vポータルダイレクトを活用し、電話をかけてFAX番号をプッシュすることで、FAXで情報を取り出せるFAXBOXの音声コンテンツ制作を含めたパッケージのひとつ。 申込書や商品情報など、各種情報配信が可能。BizFAX スマートキャストサービスとの組合せで利用可能となる。
IVR
IVRとはInteractive Voice Responseの略。コンピュータによる音声自動応答システム。 VポータルダイレクトはクラウドIVR(音声自動応答装置)サービスのため、高額なIVRを購入しなくても安価な月額費用で音声自動応答を利用できる。
P〜T
SaaS
SaaSとは、Software as a Serviceの略で、ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とするものだけをサービスとして配布し利用できるようにしたソフトウェアの配布形態。サービス型ソフトウェアとも呼ばれる。 SaaSという用語は、ネットワークを介してソフトウェアをオンラインで利用するという点でASPサービスと似ており、一般的なASPサービスを指す場合もある。 VポータルダイレクトはクラウドIVR(音声自動応答装置)サービスで、IVRを購入することなくNTTコミュニケーションズで所持しているIVRの機能を月額費用で利用できる。
U〜Z
VAD
VADとは、Voice Activated Dialingの略で電話転送のこと。 クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトでは、音声自動応答だけではなく、オペレータへの通話転送も可能。 オペレータ転送することで、自動応答では解決できなかった質問などの対応に利用できる。
VSD
VSDとは、V Portal Simple Database(Vポータルシンプルデータベース)の略。 Vポータルダイレクト専用の簡易データベースのこと。クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトで、データベース連携が必要な際に利用する。
VXML
VXMLとは、VoiceXMLの略。XMLで定義された、音声コンテンツを記述するためのマークアップ言語。 Vポータルダイレクトの無償音声編集ツールVポータルエディタでは、このVXML形式で音声コンテンツが記述されるため、さまざまなWebシステムとの連携が可能。
Vポータルエディタ
Vポータルエディタ(VPE:V Portal Editor)とは、Vポータルダイレクトの音声コンテンツ(コールフロー)を作成できる無償のWebアプリケーション。
WAV
WAVとは、Windowsで標準に使われている音声デジタルデータの形式。
Webシステム連携
Webシステム連携とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用してIVRとWebシステムを連携することで、Webに音声情報を掲載したり、Web上の動画をプッシュボタンや音声認識を使って操作したりすることができる。
Web連携ダイヤル
Web連携ダイヤルとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用してIVRとWebシステムを連携した音声コンテンツ。Webに音声情報を掲載したり、Web上の動画をプッシュボタンや音声認識を使って操作したりすることができる。
あ行
アラート
アラートとは、Vポータルダイレクトで利用できる機能の一つ。指定した時間に指定の番号に電話をかけることができる自動発信の機能。
アンケート調査ダイヤル
アンケート調査ダイヤルとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトの音声自動応答を活用し、電話による音声自動応答でアンケート調査ができる。データの取りまとめが簡単なので、市場調査や顧客満足度調査(CS調査)などが効率的に行える。
インスタントウィン
インスタントウィンとは、Vポータルダイレクトで利用できる機能のひとつ。Webなどで、懸賞に応募した時点でリアルタイムの抽選が行われ、すぐに結果がわかる仕組みのこと。
お客さまサポートツール
お客さまサポートツールとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトの導入企業様で、コール数などの通話ログを閲覧できるWebツール。お客さまサポートツールでは、日単位で発着信端末別(一般電話、携帯電話等)、曜日別(平日、土日祝日)、時間帯別(昼間、夜間、深夜・早朝)で発着信数と総通話時間を確認できる。
オプション料金
クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトにおけるオプション料金とは、コンテンツ預り料、コンテンツ制作代行費用を指す。 コンテンツ預り料はVポータルダイレクト専用の音声コンテンツ格納サーバを1契約あたり容量1GBまで利用できるホスティングサービス。 コンテンツ制作代行費用は、Vポータルダイレクトの音声コンテンツ制作費用だが、こちらはNTTコミュニケーションズで制作を請け負うのではなく、NTTコミュニケーションズが紹介するVポータルダイレクト専門の制作ベンダーに制作を依頼した場合の費用となる。
折り返し電話予約ダイヤル
折り返し電話予約ダイヤルとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、あふれ呼対策システム。問合せが殺到し、オペレータ対応ができず、コールがあふれた際などに、自動応答で一時対応し、電話番号等の連絡先を入力してもらうことで、折り返し電話の予約ができる。
折り返し電話予約パッケージ
折り返し電話予約パッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、あふれ呼対策ができるパッケージのひとつ。問合せが殺到し、オペレータ対応ができず、コールがあふれた際などに、自動応答で一時対応し、電話番号等の連絡先を入力してもらうことで、折り返し電話の予約ができる。
音声ガイダンス制作代行
コンテンツ制作代行とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトの音声コンテンツを、NTTコミュニケーションズが紹介する制作ベンダーに制作を依頼すること。
音声情報パッケージ
音声情報パッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、音声情報を提供できるパッケージのひとつ。 コールセンターにおいて、よくある問合せは自動応答で対応することでオペレータ稼動を軽減することができる。また、1カ月間からという短期間でも利用可能なため、期間限定のキャンペーン事務局などにも利用可能。基本的な質問以外の問合せの場合はオペレータへの転送も可能なため、必要最低限の人員で事務局を運営することができる。
音声認識
音声認識とは、発話された音声のアナログ波形をソフトウェアで解析して、単語や文章として解読する技術のこと。
か行
回線共有型
回線共有型とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトのサービスタイプのひとつ。ベストエフォートタイプとも言う。Vポータルの設備に最大92回線または最大184回線の同時アクセス(着信)が可能な共有型サービス。ただし、他の事業者との回線共有を行うため、アクセス集中時など、提供するサービスへのアクセス(着信)が保証できない場合がある。
回線占有型
回線占有型とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトのサービスタイプのひとつ。Vポータルのアクセス回線を事業者ごとに占有できるタイプ。Vポータルダイレクトでは1契約あたり2回線から6回線までで利用可能。
ギャランティタイプ
ギャランティタイプとは、クラウドIVRサービスVポータルダイレクトのサービスタイプのひとつ。Vポータルのアクセス回線を事業者さまごとに占有できるタイプ。Vポータルダイレクトでは1契約あたり2回線から6回線までで利用可能。
懸賞応募パッケージ
懸賞応募パッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、電話で応募できるパッケージのひとつ。懸賞応募パッケージを活用することで、電話で簡単に懸賞に応募できるしくみを構築可能。電話は応募のアクションが起こしやすく、またPCやWeb環境がなくても誰でも応募できるため、レスポンス率の向上が期待できる。また、キャンペーン応募期間のみの1カ月間からの利用も可能。応募後に抽選を行うタイプのほか、その場で抽選が行われるインスタントウィンも可能。
合格発表パッケージ
合格発表パッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、合否案内ができるパッケージのひとつ。合格発表パッケージを活用することで、誰でも・どこでも・簡単に、電話で合否が確認できる。 電話であれば、郵送ほどの時間もかからず、PCやWeb環境がなくても確認できるため、 すべての受験生に対してすぐに合否を確認できるしくみを提供することが可能。
合否案内ダイヤル
合否案内ダイヤルとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用して、電話で合否を確認できるシステム。大学や専門学校など教育機関の受験や資格試験など、電話による自動応答で合否の確認ができる。受験番号等をプッシュボタンで入力することで、確認することが可能。
顧客満足度調査ダイヤル
顧客満足度調査ダイヤルとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、自動応答で顧客満足度調査(CS調査)などのアンケート調査が実施できるシステム。データ取りまとめが簡単なため、顧客満足度調査が効率的に行える。
個人認証ダイヤル
個人認証ダイヤル(本人認証ダイヤル)とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトとWebシステムを組み合わせた、セキュリティシステム。 オンラインゲームやオークションなどの個人取引のあるインターネットサービスなどで、より強固な個人認証を行うことができる。連絡がとれる本人所有の電話番号をWebシステムに確実に登録させることでセキュリティを高めることができる。
個人認証パッケージ
個人認証パッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、認証システムを構築できるパッケージのひとつ。
コールバック予約ダイヤル
コールバック予約ダイヤルとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用することで、コールセンター回線数以上の着信によるあふれ呼対策のシステム。コールセンターの回線が埋まった際には、話中音を流すのではなく自動応答で一時応対し、登録された連絡先に折り返し電話をすることで顧客への接触機会の損失を最大限に防ぐことができる。また、電話口でお客さまを待たせないため、CS向上にもつながる。
コールフロー
コールフローとは、音声自動応答で音声ガイダンスが遷移する流れのこと。音声コンテンツとも言う。 クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトでは、無償の音声コンテンツ制作ツールVポータルエディタを使うことで従来の音声自動応答コンテンツ制作と比較して、開発費用・稼動が軽減できる。
コンテンツ預り
コンテンツ預りとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト専用の音声コンテンツ格納サーバを1契約あたり容量1GBまで利用できるホスティングサービス。
さ行
資料請求受付パッケージ
資料請求受付パッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト活用した電話で資料請求できるパッケージのひとつ。プッシュボタンと音声でお客さま情報を入力してもらうことで、自動応答で資料請求の受付が可能。
資料請求ダイヤル
資料請求ダイヤルとはクラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト活用した電話で資料請求できるシステム。プッシュボタンと音声でお客さま情報を入力してもらうことで、自動応答で資料請求の受付が可能。
セキュリティFAXパッケージ
セキュリティFAXパッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用して、FAX誤送信を防止できるパッケージのひとつ。セキュリティFAXパッケージを活用することで、現在使っているFAX機はそのままにFAX誤送信を未然に防ぐことができる。FAX専用電話番号に発信し、自動応答により送付先をガイダンスで確認、ガイダンス確認後、プッシュボタンを押すことで初めて送信可能な状態になるため、手動でのFAX送信による人的なFAX誤送信を未然に防ぐことができる。
た行
追加保守料
追加保守料とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクト導入企業さまがNTTコミュニケーションズの正規制作ベンダーに依頼せずに独自でコンテンツを開発する場合に必要な保守費用で、別途追加保守料がかかる。ただし、独自で開発する場合でもVポータルエディタ(VPE)を使用する場合は不要。
デモコンテンツ
デモコンテンツとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトの音声コンテンツを試聴できるデモダイヤルのこと。
電話2.0
電話2.0とは、コンピュータやインターネットと電話を連携させ、電話という誰にでも使える簡単なツールでありながらインタラクティブ性がある電話システムの概念。
電話受付パッケージ
電話受付パッケージとはクラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、予約管理ができるパッケージのひとつ。電話受付パッケージを活用することで、オペレータ不要で24時間365日、病院の診察やホテルの宿泊など、予約や申し込みの電話受付ができる。既存のWeb予約システムと連携した予約ダイヤルの構築が可能。
電話番号統一
電話番号統一とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した代表電話システム。複数の電話番号を1つの電話番号に統一することで、支店の多い事業者さまや、複数のキャンペーンを同時に実施する場合などで人件費削減や業務の効率化が図れる。Vポータルダイレクトの電話番号を代表電話として活用し、郵便番号などで各支店への転送ができる。
電話番号統一パッケージ
電話番号統一パッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、複数拠点の電話番号の代表電話として利用できるパッケージのひとつ。Vポータルダイレクトの電話番号を代表電話として活用し、郵便番号などで各支店への転送ができる。
当選確認ダイヤル
当選確認ダイヤルとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、電話で当落が確認できるシステム。キャンペーンなどで懸賞の当選可否が確認できる。郵便番号、電話番号等を入力してもらい、当選者のデータベースに照会をかけることで、当選可否を確認する。
な行
ナビダイヤル
ナビダイヤルとは、全国一律の「0570」に続く6ケタの専用番号。 クラウドIVR(音声自動応答)サービス Vポータルダイレクトは、ナビダイヤルまたはフリーダイヤルで利用できる。
は行
パッケージ
パッケージ とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトで、音声自動応答システムの利用料と音声コンテンツ制作費用を含めた、手軽にVポータルダイレクトを始められるパッケージ。
番号案内パッケージ
番号案内パッケージとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトを活用した、電話番号案内ができるパッケージのひとつ。1つの代表電話番号で営業所や支店など各拠点の電話番号を自動で案内することができる。例えば郵便番号と担当エリアをマッチングさせたデータベースを用意することで、担当拠点名と電話番号を自動で案内可能。自動応答で対応できるため、オペレータを介することも顧客を待たせすることもなく、スムーズに番号案内をすることができる。
プラットフォーム
プラットフォームとは、コンピュータやシステムの基礎部分となるもの。
フリーダイヤル
フリーダイヤルとは、全国一律の「0120」に続く6ケタの専用番号。 クラウドIVR(音声自動応答)サービス Vポータルダイレクトは、フリーダイヤルまたはナビダイヤルで利用できる。
ベストエフォートタイプ
ベストエフォートタイプとは、クラウド IVRサービスVポータルダイレクトのサービスタイプのひとつ。Vポータルの設備に最大92回線または最大184回線の同時アクセス(着信)が可能な共有型サービス。ただし、他の事業者との回線共有を行うため、アクセス集中時など、提供するサービスへのアクセス(着信)が保証できない場合がある。
保守基本料
保守基本料とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトの毎月の保守費用。Vポータルダイレクト契約の際は保守契約も必須となる。保守契約については、Vポータルダイレクトの運用全般を担当しているNTTアイティ株式会社と直接の保守契約となる。
本人認証ダイヤル
本人認証ダイヤル(個人認証ダイヤル)とは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトとWebシステムを組み合わせた、セキュリティシステム。 オンラインゲームやオークションなどの個人取引のあるインターネットサービスなどで、より強固な本人認証を行うことができる。連絡がとれる本人所有の電話番号をWebシステムに確実に登録させることでセキュリティを高めることができる。
ま行
モバイルサイト連携ダイヤル
モバイルサイト連携ダイヤルとは、クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトとモバイルサイトを連携したシステム。 モバイルサイトからPhone toによる問合せやキャンペーン応募などユーザからアクションしやすい環境を構築することができる。
や行
予約受付システム
クラウドIVR(音声自動応答)サービスであるVポータルダイレクトを利用した予約受付システムは、Webや携帯サイトでの予約システムに電話での予約を統合するシステム。電話での予約も一括データで管理されるため、Webや携帯からの予約と電話予約のダブリが発生することはない。
ら行
レンタルサーバ
レンタルサーバとは、自前のサーバを持っていない個人や法人に対し、所有するサーバの機能を貸し出すサービス。 クラウドIVR(音声自動応答)サービスVポータルダイレクトでは、「コンテンツ預り」を申し込めば、1契約あたり容量1GBまで音声ガイダンス格納用にサーバを利用できる。