クラウドIVR(音声自動応答)サービス



導入までの流れ

STEP1 機密保持契約(NDA)の締結
機密保持契約(NDA)を締結します。導入検討にあたり、双方の機密保持契約が必要となります。
クラウド IVR (音声自動応答)サービス 矢印
STEP2 留意事項のご確認
Vポータルダイレクトのサービス提供にあたってのVポータルダイレクトに関する留意事項を事前にご確認いただきます。
クラウド IVR (音声自動応答)サービス 矢印
STEP3 仕様検討
仕様について検討後、詳細な見積を提出します。
仕様について検討いただく重要な項目
回線種別 ナビダイヤルまたはフリーダイヤルの選択
サービスタイプ
(回線数)
ベストエフォートタイプ(回線共有型):最大92回線、最大184回線
ギャランティタイプ(回線占有型):2回線、3回線、4回線、5回線、6回線
のいずれかを選択
各種オプション 音声ガイダンス制作代行あり または なしの選択
コンテンツ預り(ホスティング)あり または なしの選択
コールフローチェック コールフローの他、データベースと連携するかなど、
技術的な部分の仕様チェックも行います。
クラウド IVR (音声自動応答)サービス 矢印
STEP4 契約書締結
導入開始のための、契約書を締結します。
クラウド IVR (音声自動応答)サービス 矢印
STEP5 音声ガイダンス制作
・契約締結後、音声ガイダンスを制作していただきます。
※導入事業者さまで制作が不可能な場合は当社で代行いたしますのでご相談ください。
・コンテンツプロバイダIDとパスワードを発行します。
・ナビダイヤルまたはフリーダイヤルの申し込みをしていただきます。
※NTTコミュニケーションズのサーバ(コンテンツ預り)を利用しない場合は、この段階までにサーバに
      専用フォルダを作成して、URLをご連絡ください。
クラウド IVR (音声自動応答)サービス 矢印
STEP6 電話回線開通工事、Vポータルダイレクト接続工事
ナビダイヤルまたはフリーダイヤルの開通工事のあと、Vポータルダイレクトの接続工事を行います。
クラウド IVR (音声自動応答)サービス 矢印
STEP7 テスト期間
この期間に導入前のテストを行ってください。
クラウド IVR (音声自動応答)サービス 矢印
STEP8 導入開始
実際に導入開始となります。